VDU アジアウィーク

4月18日から22日までカウナスで、東アジア地域の文化を紹介するためのをVDU アジアウィーク(Azijos savaitė)が開催されます。
このイベントは、人々に東アジア地域について身近に感じてもらうことを意図しています。

日本・中国・韓国に関係する、魅力的にポピュラーに伝わっている様々な文化、言語、武道の特徴、台所事情や雑貨などを紹介します。

今年で2度目となるアジアウィークは、学生団体の「橋」「WuWei」「Hallyu」、VDUアジア研究センターと他団体の協力により成り立っています。

 

イベントが目白押しのアジアウィークですが、何を見聞きし、味わい、試すことができるのか、駆け足でお知らせしたいと思います。
4月18日 言語の日
日本語朗読コンテスト(VDU 小ホール)
中国・韓国語コンテスト(VDU KTF)

4月19日 食の日

日中韓の異なる料理のプレゼンテーションや料理作りワークショップ

4月20日 武道の日

伝統的な空手道や圓和道の武道クラブによるプレゼンテーションと短いセッション(VDU 大ホールとその近辺)

4月21日 文化の日
東アジアの文化を間近で知り、体験することができます。
学生団体によるプレゼンテーションや、折り紙・書道・コスプレのワークショップ
フリーマーケット、アニメ上映、民族衣装のデモンストレーション、茶道のプレゼンテーション、関連パートナーのイベントなどなど

4月22日 キャリアと情報の日
キャリアフェアが開催され、ビジネス・文化・ツーリズム・公共セクターに関するパートナーが将来の専門家のニーズについて語ります(VDU 人間科学部のロビーや講堂)
キャリアイベントの後は、東アジアに関する頭脳バトル大会が開かれます。チームを組んで戦うもよし、その場で出会った他の人と参加するもよし!(VDU大講堂にて、16-18時)

 

詳細は、以下のリンクで

VMU Asian Week 2016

12993393_970398089709557_2490452351843082404_n

Author: Yasufumi Nakashima

2012年に早稲田大学に入学後、杉原千畝の功績を伝えるのを目的に活動する"千畝ブリッジングプロジェクト"に所属。活動を通して、杉原千畝やホロコーストについての勉強、関連施設の訪問、杉原記念館でのインターンシップを経験。2012年から数えて、4度リトアニアを訪れた。2015年9月からはヴィリニュス大学コミュニケーション学部で勉強する。リトアニアの雰囲気に惹かれている。

Share This Post On